スケルトンリフォーム・リノベーション
をお考えのオーナー様へ

そのリフォームやリノベーション、本当に十分ですか?

マンションリフォーム・リノベーションによって物件の価値を高め、より効果的にマンション入居者を増やすためにはしっかりとした知識が必要です。 正しい知識を持ち、10年、20年先を見据えた無駄のない改修を行いましょう。正和営繕が、お客様の先を見据えた価値あるリフォームをご提案いたします。

オーナー様必見。そのリフォーム意識、大丈夫ですか?

マンションオーナー様の中には、「賃貸だからこれくらいでいいだろう」「内装を変えて見た目をきれいにすればいいだろう」と、安易に考えてしまわれる方もいらっしゃいます。 しかし、そういったオーナー様の物件に限って入居率が伸び悩み、空室が増えてしまうというのはよくあること。 なぜなら、近隣のマンションに勝てる魅力や価値を打ち出せていないからです。

住設機器を入れ替え、新品同様の仕様にしなければ、他の新築マンションには到底かないません。 マンションは建て替えができないので、しっかりとしたリフォーム・リノベーションをしなければ入居者は増えないのです。まずは、オーナー様自身が「住みたい」と思える部屋を目指してください。

マンションも通常の建材を使用している住宅なので、当然数年おきの小さな修繕や、数十年に一度のリノベーションを含む大規模な修繕が必要です。 入居者が減って採算がとれなくなる前に、最適なリフォーム(スケルトンリフォームやリノベーションなど)を行い、物件の魅力を保ち続けましょう。

定期的なリフォームを行わない危険性

建物が古いまま入居者を募っても、続々と登場する新築マンションに勝つのは困難です。古い建物では、入居者を増やすために家賃を下げるという選択をしがちですが、 そうなると必然的にモラルの低い入居者が集まりやすくなり、夜逃げや家賃の踏み倒しなどが行われる可能性が上がります。空き部屋は増えると、不動産屋自体が管理を手放すということになりかねません。 こうした悪循環を阻止するためにも、建物を魅力的に保つことがとても大切です。

初期費用をかけることで、10年後の家賃収入はこんなに変わります。

家賃8万円/月 の古くなったマンションを……

リフォームをした場合 リフォームをしなかった場合
リフォームのために、2000万円の出費 お金はかからない
5年後……
順調に入居者が入りリフォーム代金はすべて返済、家賃利益も増える
例)8万×10戸×12ヶ月×5年=4800万円
入居者が減ったため、6万円に家賃を値下げ……それでも空き家は多いまま
例)6万×7戸×12ヶ月×5年=2520万円
そしてさらに5年後……
例)8万×8戸×12ヶ月×5年=3840万円-初期のリフォーム費2000万円
利益6640万円
例)6万×5戸×12ヶ月×5年=1800万円

利益4320万円
なんと!
10年間で2320万円の差額が生まれます!
PICK UP!その給排水管、放っておくと大変なことになります
80年代バブル期後半に建てられたマンションは、給排水管がすでにかなりのダメージを受けていることが多く、いつ漏水トラブルを招いてもおかしくない状態の可能性があります。 ちょうどそのころが銅管の仕様変更になった時期ということもあり、銅管自体の耐久性が現在の基準より低いケースも珍しくありません。 重大な事故が起こる前にしっかりと確認をし、問題がある場合はリフォーム・リノベーションで安全なものに切り替えを行いましょう。

借り手のつく物件にするためはどうしたら……とお悩みのオーナー様は、いらっしゃいませんか?

正和営繕では、住まいのリフォームのみならず賃貸物件の取り扱いも行っています。このような日々のノウハウから、物件の資産価値を上げていく工夫や取り組みや空き家をつくらないためのアドバイスも可能です。また、不動産業者が買い取った物件を再び貸し出す「買取再販」の際のリフォーム施工も承っていますので、ぜひご相談ください。孤独死物件や残滓物の整理などの実績もあります。

オーナー様が陥りがちな勘違いって?

住設機器は日々進化し、新しい製品がどんどんリリースされています。いくら内装だけをきれいにしても、住設機器が古いままでは入居者は増えてはくれません。 つねに最新の機器に対する豊富な知識や情報が必要です。正和営繕なら豊富な業界経験をいかして、つねに新しい製品を把握し、最適な住設機器をご提案いたします。ぜひ当社にお任せください!

お問い合わせ

トップへ戻る